menu

30代以上の派遣社員が婚活でうまくいかない理由

35歳以上のの派遣社員の婚活がうまくいかない理由はいくつか挙げられます。   upload   結婚相談所でよく言われていることは、女性の場合35歳以上になると結婚する相手の年齢を上げなければいけないということ。   よく、「派遣社員は正社員と違って職が安定していないから結婚は難しい」という結婚相談所もあります。 それも事実ではあります。 男性の中には、女性の職業を結婚条件にする人もいます。 例えば、CAや看護婦、一流会社の秘書等。 でもよく考えてください。そのような女性の職業を結婚相手の条件にする男性は、自分の社会的ステータスのために女性の職業を選んでいるんですよ! 女性の性格ではなく、「職業」ですよ?!   結婚して大切なのは、相手といっしょに築いていく結婚生活です。 相手の職業で結婚相手を選んでいる人との結婚は、結婚できても破綻している確立は高いですよ。   相手のことを「愛する」という感情でなく、ただの職業で選んでいるんですから結婚生活が破綻するのは当たり前です。  

アラフォーの派遣社員がもてないもう1つの理由

  一般的に同世代の結婚相手を見つけようとすると難しいいうのは日本の風潮です。 日本の男性は欧米の男性と違って、若い女性だけがちやほやされる風潮がありますよね。 ロリコンの男性が多いのも日本人男性の特徴。   かわいい女の子

  これは子供が後に欲しいと思っても35歳以上の女性だと子供が望めない結果になるからとも言われています。 全員が全員子供をほしいと思っているとは限りませんが。 また子供がいても親として子供の教育に積極的に参加していない男性が多いのも日本の特徴。 自分より若く、能力的にも劣る奥さんと子供がいて、自分が優越感を感じれる過程に満足感を感じるのも日本人男性の特有な考え。 そういう風潮を変えるのは難しいです。  

アラフォー以上の派遣社員はこうすると婚活も成功する!

  だからアラフォーの派遣社員が婚活するのであれば、自分より年齢の高い50代前半で経済的に安定している人との婚活を視野に入れると成功する確率はグっと増えます。 今は大企業とも言われている会社でも、定年まで安定していることはありません。 30代、40代の正社員のサラリーマンが売り上げの実力で評価も変わってきて、実力のない会社員は万年平社員だったり、悪ければ営利成績が伸びなく「退職」に追い込まれます。 そんな人たちを婚活の対象にしなくていいんじゃないですか? 逆に45歳以上や50代で管理職になっていて、生活が豊かで余裕のあるダンディな男性と結婚したほうが幸せになるますよ。 Boss And His Beer

    また結婚相談所は登録している男性が若かったり、男性の希望を大いに優先するところもあるので、結婚相談所に登録するのもいいですが、真面目な婚活出会い系サイトに登録したり、趣味の会でいろいろな男性と知り合えば、職業での選択から相手を知るきっかけにはならないので、自分本来の姿をお互いに出し合いながら知り合うこともできます!  

関連記事

カレンダー

2017年9月
    10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930